人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

北見工大と管内漁協組合長会が連携協定

tweet
2019/07/11掲載(網走管内/社会)

水産資源活用の研究、魅力発信、人材育成

調印する鈴木学長と阿部会長

調印する鈴木学長と阿部会長

北見工業大学(鈴木聡一郎学長)と管内10漁協の組合長でつくる北見管内漁業協同組合長会(会長・阿部與志輝佐呂間漁協組合長)は8日、互いに交流する中で、地域の特色ある水産資源を活用した研究や情報発信、人材育成を共同で行う包括連携協定を結んだ。第一次産業と工学の連携推進に取り組んでおり、水産業においても工学的支援を展開することで地域固有の課題解決をめざす。

 協力する連携事項は水産業の振興に役立つ研究や水産業を担う人材の育成、雇用の創出、水産資源の活用など。相互の人的・知的・物的資源の活用と交流を図り、水産業の活性化による活力ある地域づくりをめざすのが目的。

 同大は昨年7月にオホーツク農林水産工学連携研究推進センターを設置。ホタテのウロ、ヒトデなど未利用資源の活用にもすでに研究着手しており今回、農業、林業に続く漁業分野での連携となった。

 サロマ湖と栄浦漁港を望む北見市常呂のサロマ湖鶴雅リゾートのテラスで行われた締結式には同大の理事2人、同センター長ら10人と同組合長会の高桑康文常呂漁協、新谷哲也網走漁協、清野一幸西網走漁協各組合長ら10人が出席。調印を交わし、鈴木学長は「いっそうの技術革新や高付加価値化が将来的に重要になる。新しい分野の開拓に柔軟に対応できる人材養成にも応えていきたい」、阿部会長は「オホーツク漁業に力強い援軍を得た。北見工業大学の持つノウハウを地域の課題解決に活用していただき、水産業の魅力発信を」と、それぞれ期待を述べあいさつした。(寒)

 

栄浦漁港を背景に記念写真に収まる関係者

栄浦漁港を背景に記念写真に収まる関係者