人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

カラフルでかわいい…絵入り御朱印

tweet
2019/08/12掲載(北見市/社会)

北見の相内神社

 北見市の相内神社の絵入り御朱印が「カラフルでかわいい」と静かな人気を集めている。境内に住み着いている野鳥のアオサギなどの動植物が描かれており、SNSやツイッターなどで評判が広がっている。

境内の動植物モチーフに
月代わり含め5種類
「縁を大切につないでいけたら」

8月限定の絵付き御朱印

8月限定の絵付き御朱印

 御朱印は、神社や寺院を参拝した証。御朱印を集める女性が「御朱印ガール」と呼ばれるなど全国的なブームとなっている。

 絵入り御朱印を手掛けるのは宮司の妻で、同神社総務総括の女性(37)。神社らしい改元の記念に-と今年5月に始めた。

 絵柄は境内のトドマツに毎年営巣する「アオサギ」をモチーフにした4種と月替わりデザイン1種の計5種類。女性は幼少期から鳥や虫、草花が好きで「身近な自然に目を向けるきっかけにしてもらえれば」と境内の動植物をモチーフに選んだ。

 御朱印帳を見開き2面使い、墨と顔彩で絵柄を描き入れた後、夫が「奉拝 相内神社」などと書き、印を押して完成させる。絵を描く時間は10~15分ほどで、筆を走らせながら参拝者に「どちらからお越しですか」などと声を掛け、小さな交流を楽しんでいるという。

 絵付き御朱印を求めて訪れた市内の女性(31)は「見た目がとてもきれいで、毎月、元気をもらいに来るようになりました」と5月から続けて参拝に来ているという。

 「毎月、何を描こうか悩みますが、皆さんに喜んでもらえるのでうれしいですね」と女性。ネットで知ったという観光客も増えていて「御朱印をきっかけに相内まで足を運ぶのも何かのご縁。大切につないでいけたら」と話している。

 絵入り御朱印の初穂料は800円。8月の絵入り御朱印は、ヒオドシチョウやハクセキレイなどが描かれたデザインとなっている。     (理)