人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

JR北海道硬式野球クラブ来北

tweet
2019/08/20掲載(北見市/スポーツ)

技術指導やミーティング…野球の魅力にふれる一日

道高野連北見支部の高校球児と交流

JR北海道硬式野球クラブと高校球児との交流

JR北海道硬式野球クラブと高校球児との交流

 道高野連北見支部強化部の要請に応じ、道内社会人硬式野球の強豪、JR北海道硬式野球クラブ(恵庭市)が6日、北見市営球場を訪れ、同支部の高校球児と交流した。技術指導のほか、膝を交えたミーティングの時間を多く設け、社会人にとっての野球の魅力にふれる一日となった。

 都市対抗や社会人日本選手権の常連。2016(平成28)年に企業チームからクラブ組織に移行後も、より地域に愛されるチームづくりをめざしている。

 バッティングでは「ボールをつぶすイメージで振れ」、捕手の守備練習では「盗塁を刺すにはボールを耳の近くで受けろ」などとアドバイス。同支部のほとんどの部員が参加し、個人的に「打った後もバットを押し込むイメージで」などと助言を受けていた。

 帯同した同クラブマネジャーの島大盛さんは「指導することで、うちの選手達にとっても自分の刺激になる」とモチベーションアップの効果を挙げた。選手達は円陣を組んだり、芝に座って雑談を交えながら、社会人野球の楽しさを伝えた。  (寒)