人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

チシマザクラ二度咲き

tweet
2019/08/26掲載(北見市/話題)

北見の夫婦宅

植えて30~40年「こんなの初めて」
7~8月の天候不順で木が勘違い?

再び咲き出したチシマザクラ

再び咲き出したチシマザクラ

 北見市在住の夫婦宅の庭にあるチシマザクラがここにきて、再び咲き出した。春に咲いて、今年2度目。植えて30~40年たつ1本で「こんなことは初めて」と驚いている。

 祖父んが、故郷の根室から苗で取り寄せ、植栽したチシマザクラ。例年、エゾヤマザクラよりも遅い時期に咲き、今年もそうだった。

 7月の寒さと暑さにあたったからか、8月に入ると一斉に葉を落とし始めた。「いつもより早い落葉だな」と思っていると、今月中旬に1輪2輪と花を咲かせ始めた。その後も続き、100輪以上に。「いつもの花は紅色なんですが、今回のは白っぽくて清楚」と妻。葉が少なくてソメイヨシノのような見栄えでまだ多くつぼみを持ち、まもなく満開に。「かつて近くの運動公園を造成する際に手伝って、いただいた」という庭のもう1本のエゾヤマザクラは50年以上たち直径1㍍ほどもあるが、まだ青々と葉を茂らせ、花を咲かせる様子はない。

 二度咲きについて、北見市緑のセンターに聞くと「天候不順で、木が季節を勘違いしてしまったのではないか。今年は他の庭でも起きている」という。来年、開花するかどうかの心配については「大丈夫。咲くと思いますよ」と話している。   (寒)