人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

全道高校駅伝8年ぶり北見で

tweet
2019/10/10掲載(北見市/スポーツ・告知)

18日・端野特設コース

 北海道高校駅伝競走大会(道陸協、道高体連など主催)が8年ぶり北見に戻ってくる―。男子が72回目、女子35回目を迎える全道高校駅伝が18日(金)、北見市端野町二区と三区を走る特設駅伝コースで行われる。北見開催は2011(平成23)年以来で4回目。オホーツク陸協、高体連北見支部などが準備してきた。地元勢の活躍が期待される。

男女50チーム
全国めざし、たすきリレー

北見市での前回大会(2011年10月)

北見市での前回大会(2011年10月)

 北見で開かれるのは1971(昭和46)年に北見―美幌間、78年に北見―常呂間、2011(平成23)年に北見市端野で開かれて以来4回目。最近は釧路管内標茶町、道南の北斗市、札幌市などで開かれてきた。

 コースは8年前の前回とほぼ同じで、屯田の杜公園をスタート・ゴールに、北見端野小、中学校前を通る市道端野町7号線など農村地帯を走る男子7区間(42.195㌔)、女子5区間(21.0975㌔)。「たんのカレーライスマラソン」と一部コースが重なり、関係者のこれまでの実績が開催地選定につながった部分もあるようだ。

 出場するのは男子31、女子19チーム。男子は北海道栄、札幌山の手、札幌日大、東海大札幌の私立四強に、北見緑陵など公立高が挑む構図。女子は旭川龍谷が強く札幌日大が続き、過去に10年連続入賞を誇る北見北斗、最近調子のよい北見柏陽など地元勢が挑む。男女各1校が全国大会に進出。

 号砲は女子が午前9時45分、男子は同11時45分で雨天決行。大会関係者は、当日の交通の協力と沿道での応援を呼び掛けている。

 管内出場チームとゼッケンは次の通り。

【男子】
 (5)北見緑陵
 (11)網走南ヶ丘・北見商業・斜里
 (12)網走桂陽・北見工業・女満別
 (14)遠軽
 (22)北見北斗
 (26)日体大附属

【女子】
 (7)北見北斗
 (8)北見柏陽
 (10)網走南ヶ丘・網走桂陽
 (12)遠軽(寒)