人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

相内玉ねぎ集出荷施設

tweet
2019/10/21掲載(北見市/社会・本誌連載)

高度な技術と人の目で食卓に安心届ける
JAきたみらいの…

四季“いろ撮る”

 収穫を終えた玉ネギ畑とは対照的に、まだまだ慌ただしさが続くJAきたみらいの相内玉ねぎ集出荷施設(北見市西相内町)。1日当たり約400㌧を選果し、全国に向けて出荷している。

 今年8月5日から稼働を開始。国内最大規模の玉ねぎ施設で、昨年完成した冷蔵貯蔵施設と合わせ、8月から翌年6月までの長期安定出荷を可能とした。

 収穫された玉ネギはブラシとエアーで表面の土や汚れが飛ばされ、選別ラインへと運ばれる。スタッフによって変形や傷ついたものが取り除かれた後、機械で大きさごとに10㌔、20㌔ずつ箱詰めされ、積み上げられていく。

 切れ目なく続く一連の流れ作業。高度な技術と昔ながらの人の目によって食卓に〝安心〟が届けられている。

 施設内の活気は来年4月末まで続く。  (理)