人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

町民フォーラム

tweet
2019/11/20掲載(美幌町/社会)

びほろ折り梅の会 
認知症、若い時から予防を

 認知症の学習団体「びほろ折り梅の会」の町民フォーラムが16日、しゃきっとプラザで開かれ、網走の丘総合病院脳神経外科外来医長の藤田力さんが「25年、認知症を看てきて」をテーマに講演した。

 町民ら約50人が受講。藤田さんは「認知症発症は〝長い助走期間〟があり、若い時から予防に努めることが大切」と指摘。予防策として塩分を減らし、良質な油、野菜を摂取するなどの食習慣や、血圧や血糖値のコントロール、適正な運動など体調管理に加え、円滑な人間関係の構築も挙げた。

 より具体的な策としては「初期サインのうつに注意すること。甘いものを食べ過ぎず、体重を管理すること。禁煙し、老化を進ませない有酸素運動を」とすすめた。

 「認知症の発症を5年遅らせることができれば、患者は半減する」と話し、日常生活の実践の大切さを強調した。         (浩)