人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

置戸町の4地区で地域懇談会 開く

tweet
2019/11/26掲載(置戸町/社会)

地域巡回バスのコース見直しなど要望

 置戸町の町幹部が各地区に出向き、町民とまちづくりについて語り合う「地域懇談会」が、町内4地区で行われた。21日には境野地区の懇談会が境野公民館で開かれ、町民が地域巡回バスのコース見直しなどを要望した。

 町は来年度から実施する小中一貫教育やコミュニティスクールの導入、第6次総合計画(2020~29年度)の策定経過と素案について説明した。

 町民からは地域の神社のおまつりやイベントに子ども達が参加しにくくなっている現状を嘆く声が上がった。

 町は小中一貫教育で「ふるさと教育を核とした教育課程の推進」を柱のひとつに掲げており「コミュニティスクールで、地域の考えを聞きながら学校運営にあたっていきたい」と理解を求めた。

 自家用車などの交通手段を持たない高齢の町民を対象に運行しているのが地域巡回バス。コース変更の要望に対し町は「北海道北見バスの運行路線と重複しないよう検討していきたい」とした。  (成)