人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

厚生労働大臣表彰と道社会貢献賞受ける

tweet
2019/12/19掲載(北見市/社会・教育)

北見美容専門学校教頭 63歳女性
みなさんのおかげ

 北見美容専門学校の教頭(63)がこのほど、理容師・美容師養成功労者に贈られる厚生労働大臣表彰と北海道社会貢献賞(生活衛生功労者)を受けた。「思いがけないこと。みなさんのおかげです」と感謝する。

技術以外に心も…美容師の卵を数多く育成
教え子の頑張る姿見るのがうれしい

 美容師を志し、北見美容専門学校の前身である北見美容学校に入学。卒業後は同美容学校系列の美容室で働きながら、助手として学校の手伝いも行った。1986(昭和62)年から同校に勤務し、1999(平成11)年教頭に。多くの美容師の卵を社会に送り出してきた。

 「美容の仕事は、健康であれば年齢に関係なくできる。お客様と長くお付き合いできるところも魅力」と話す。

 「必要とされる人間になってほしい」との願いから、技術だけでなく、就職後に遅刻や欠勤がないようにと健康管理の大切さも呼び掛けている。「技術は就職してからでも磨ける。まずは基礎となる姿勢が大切」と考える。

 生徒達には、「真摯に、素直に先輩方の指導を受けてほしい。最初は大変かもしれませんが、あきらめずに続ければ、立派な技術者になれる」とエールを送る。

 卒業生からは「店長になったよ」「自分のお店を持ちました」との報告を受けることもある。最近では教え子の子どもが入学するケースもあるそう。頑張る教え子達の姿を見るのが「何よりうれしい」という。

 現在は学生だけでなく、一般市民を対象とした市民講座などでも着物の着付けを指導する。「着物が自分で着られるのは喜び。着物の良さを伝えていけたら」と話している。  (菊)