人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

北海道チームに2年連続選抜

tweet
2020/01/18掲載(北見市/スポーツ)

北見緑陵高の村上太一選手は第5区担当か

19日・広島市で全国都道府県対抗男子駅伝

 第25回全国都道府県対抗男子駅伝競走大会(19日・広島市、日本陸連主催)の北海道チーム代表となっている北見緑陵高校3年・村上太一選手は当日、第5区8.5㌔を走ることになりそうだ。

 昨年に続く連続出場。関係者によると、管内から2年連続で代表に選ばれるのは初めてと思われる。

 大会は広島市平和記念公園を午後零時半に出発。7区間48㌔を中学生2人、高校生3人、大学生・一般2人の計7人で走り継ぐ。

 村上選手は昨年、4区5㌔で3人抜きの力走をみせた。今年のエントリー予想ではこれよりも長く精鋭が揃う5区8.5㌔を任されることになりそうだ。

 北見緑陵高校陸上部顧問で北海道チームコーチの伊藤浩紀教諭によると「村上選手はすごく調子いい」という。エントリーは直前に決まるが、同じく代表選手で昨年暮れの全国高校駅伝(京都府)でも活躍した北海道栄高校などの代表選手も調子がよいそう。「昨年の総合39位を上回るようなワクワクするレースになれば」と応援を呼びかけている。テレビ中継される予定。 (寒)