人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

北見市の大気は全体的に良好

tweet
2020/02/14掲載(北見市/社会)

北見市環境審議会 大気や水質調査の結果報告受ける

常呂川は大腸菌群数が環境基準超える月も

 北見市環境審議会(会長・星雅之北見工大教授)がさきごろ端野総合支所で開かれ、今年度の大気、水質など環境調査の結果について市から報告を受けた。

 大気調査では二酸化硫黄、二酸化窒素などが年間を通じて環境基準値を下回り、市環境課は「北見市の大気は全体的に良好な状況」と説明。昨年3月にPM2.5(微小粒子状物質)の測定値が一時的に上昇し、市民に注意喚起をしたことについては「道の報告によると、中国とロシアの森林火災の影響と見られる」とした。

 常呂川水系で毎月実施している水質調査では、若松橋の調査地点で8月、忠志橋で7、8月と10~12月に大腸菌群数が環境基準を超過。市は畜産排水や生活排水対策に力を入れる考えを示した。 (柏)