人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

「盛土造成地マップ」公表

tweet
2020/03/24掲載(北見市/社会)

北見市国交省

市内52カ所の大規模造成地がひと目で
市HPで「存在周知し防災意識高揚を」

 北見市は、国土交通省が作成した「北見市大規模盛土造成地マップ」を市のホームページで公表した。市は「大規模盛土造成地の存在を知り、防災意識を高めてもらうことが目的」とし、市民の不安解消に向け市民説明会を行う考え。

 阪神・淡路大震災や新潟中越地震などでは、沢や谷を大規模に盛土した造成地でがけ崩れや土砂流出が発生し、多くの住宅や施設に被害をもたらした。

 国はこうした事態の防止・軽減に向けて策定した「大規模盛土造成地の滑動崩落対策推進ガイドライン及び同解説」に基づき、マップを作成した。

 大規模盛土造成地は (1)谷埋め型 (2)腹付け型に分類される。 (1)は谷に3千平方㍍以上の盛土をした造成地。 (2)は地盤の傾斜が20度以上の場所に高さ5㍍以上の盛土をした造成地。

 造成前の地形データと造成後の地形データを重ね、標高差や地形情報から該当箇所を抽出して位置と規模をマップに示した。市内では北見自治区と端野自治区に谷埋め型50カ所、腹付け型2カ所の計52カ所があり、谷埋め型と腹付け型を色分けして表示している。常呂、留辺蘂自治区には該当する盛土造成地はなかった。

 市は「国のガイドラインにも基づき、さらなる調査が必要」としている。   (柏)