人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

連載 登記・相続に関するQ&A

tweet
2020/10/15掲載(その他/社会)

相続登記の必要性や重要性に理解を

 長期間にわたり相続登記が未了のため所有者が不明となり、土地建物の利用・管理に支障をきたす、いわゆる「所有者不明土地問題」「空き家問題」が社会的問題になっています。こうした状況を改善すべく、法務局は「未来につなぐ相続登記」をキャッチフレーズに各種取り組みを展開しています。今回、相続登記の必要性や重要性を知ってもらおうと、釧路地方法務局北見支局の情報提供による「登記・相続に関するQ&A」を連載します。

相続の登記はしなくても大丈夫?

 最近父が亡くなりましたが、父名義の不動産の登記は、そのままにしておいても大丈夫ですか?

 相続登記は、いつまでにしなければならないという決まりはありませんが、登記名義をそのまま放置しておくと、次の問題が発生することから、相続登記の義務化が検討されています。

(1)相続人のうちの誰かが亡くなってしまうと、新たな相続が発生するなど権利関係が複雑になってしまう。そのため相続人間のトラブルが発生しやすくなる。

(2)相続人が認知症などになってしまった場合、裁判所に成年後見人を選任してもらわなければならないなど、その手続きに余分な時間や費用が掛かってしまう。 (3)土地を売ったり、土地を担保にしてお金を借りたりすることができない。

(4)相続登記の際に必要な住民票の除票などの

書類が、保存期限の経過などにより取得することが困難になってしまう。

 様々な問題が発生しますので、相続登記は早めに行っておくことをお勧めします。

 問い合わせは釧路地方法務局北見支局(0157・23・6160)へ。