人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

東オホーツクシーニックバイウェイをパネルで紹介

tweet
2020/12/19掲載(美幌町/社会)

美幌峠レストハウスで1月14日まで

 「東オホーツクシーニックバイウェイ」のパネル展が美幌峠レストハウス2階で開かれ、ルートの景勝地などが紹介されている。

 シーニックバイウェイは、地域住民と行政が連携し、美しい景観や魅力ある観光空間、活力ある地域を目指す取り組み。道内には現在16のルートがあり、このうち東オホーツクは斜網地区5市町がエリア。主にオホーツク海沿いの「知床・流氷」、国道334号沿いの「知床・田園」、羅臼岳や斜里岳、藻琴山周辺の「知床・山岳」の3つのステージで構成されている。

 パネル展は網走開発建設部が主催。ルートの概要や、知床峠(斜里町)、メルヘンの丘(大空町)、清里から眺める斜里岳(清里町)など景勝地10カ所が並んでいる。

 カーナビを利用する際に便利なマップコードも紹介。2021年1月14日まで。時間は午前9時~午後5時。最終日は午前11時まで。     (浩)