人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

定例北見市議会開会

tweet
2021/02/26掲載(北見市/政治)

辻市長が市政執行方針演説

課題に立ち向かい、笑顔あふれるまちに
3月3日から代表・一般質問

 定例北見市議会が25日に開会した。会期は3月18日までの22日間で、議案は新年度当初予算を含む41件と報告2件。初日は辻直孝市長が市政執行方針演説を行った。

 辻市長は来年度の市政運営の基本姿勢として、市民の命と生活を守るため新型コロナウイルス感染症対策を最優先に取り組むと強調。

 福祉や教育など各分野の主要施策を説明した後、限られた財源の中でより高い効果を生み出せるよう戦略的に事業を採択したとし「各分野の事業を一歩一歩、着実に進めてまいります」と語った。

 また「人口減少と少子高齢化が加速する中、新型コロナウイルス感染症の脅威が長期化する状況であっても直面する困難な課題に立ち向かい、ふるさと北見を誰もが住みたい、住み続けたい、そして笑顔あふれるまちにしてまいりたい」と決意を表明した。

 本会議は3月2日まで休会。3日から代表・一般質問に入る。 (匡)