人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

置戸町が新年度予算案発表

2021-03-11 掲載

(置戸町/政治)

深川町長、初の本格編成

総額44億円余ほぼ前年と同じ
移住・定住策に力入れたい

 置戸町は3日、2021年度町予算案を発表した。昨年6月の町長選以来、深川正美町長にとって初の本格予算編成。深川町長は報道陣に対し「財政状況は健全性が維持されている。編成に少し時間が掛かったがじっくり組んだ。ほぼ予定通りの予算編成ができた」と胸を張った(写真)。

 町長選を前に、骨格編成だった昨年度の一般会計の当初予算総額は41億6700万円。6月以降に2億9500万円を補正しており合わせて44億6200万円。新年度は総額44億円で「前年とほぼ同じ。良いものを取り入れながら、反省も踏まえた」と同町長。

 歳入のうち、町税は3.6%減の2億8962万円。地方交付税は前年比6.9%増の25億5700万円を見込んでいる。特別交付税は地域おこし協力隊の活動経費などを見込み9200万円増の2億7200万円。財政調整基金、減債基金などから前年比2.0%増の3億1607万円を繰り入れる。令和3年度末の町債残高は現時点で49億3943万円を見込む。

 一方、歳出では積極的な経常経費の抑制に努めた。新たに空き家利用促進補助事業をスタートさせ前事業の拡充と合わせて1500万円を計上。町内の夫妻の寄付が原資の置戸町元気だすべぇ事業で新たに移住3年以内の住宅取得を支援、町内での起業に各100万円を支援する。地域おこし協力隊は現在の1人に加え8人の採用を予定。幅広い分野での活躍を期待し4027万円を計上した。勝山温泉ゆぅゆに隣接する勝山農村公園内にトレーラーハウスを設置。園内整備に2350万円計上した。

 深川町長は「移住・定住策に力を入れていきたい。観光面やふるさと納税返礼品の新設を通じて町の魅力を発信し、過疎化に歯止めをかけたい」と述べた。10日から始まる町議会で「議員さんに意見をいただきながら進めたい」としている。 (寒)

トレーラーハウスが設置される勝山農村公園
トレーラーハウスが設置される勝山農村公園

検索フォーム

キーワード

地域

表示順

 

カレンダー

キーワード

  • 予算案

関連記事