人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

網走市役所 駐車場は誰のもの?㊤

tweet
2021/03/26掲載(網走市/社会)

調べてみました

 本紙読者から「網走市役所本庁舎の駐車場に、水谷洋一市長の自家用車が長期間、駐車している」との情報が寄せられた。網走市は、市役所や市関連の公共施設駐車場に、職員の自家用車を駐車することを原則禁止にしている。読者の情報提供を機に、「市役所駐車場は誰のものなのか?」という素朴な疑問を調べてみた。           (大)

水谷市長が自家用車を長期駐車
職員は原則禁止

■事実関係

 本紙はまず、読者からの情報が事実なのかを裏付ける取材を開始。記者自身も確認したが、水谷市長の自家用車は長期間にわたって市役所本庁舎の駐車場に駐車されていた。

 大まかな裏付け取材を終え、記者は水谷市長に取材を申し込んだところ、その翌日には、役所本庁舎2階にある市長室で応じてくれた。

 水谷市長は、3月9日から同22日まで自家用車を駐車していたことを認めた上で、こうした行為に不信感を抱く市民に対して「今後は改めたい」との考えを示した。

■原則禁止

 市職員(会計年度任用職員含め)は原則、市の公共施設駐車場に自家用車を長期に駐車することを禁止されている。条例のような明確なルールはないが、市職員課は「自家用車で通勤し、公共施設周辺に駐車場を借りる職員には、一定の条件に見合った手当を支給している。役所をはじめ公共施設の駐車場は職員用ではなく、市民のための駐車場ですから」とする。

 記者は、役所の某課長に「もし市役所駐車場に部下が自家用車を長期駐車していたらどうするか」と聞いてみた。この課長は「すぐに指導して改めさせる。役所周辺の駐車場を借りるよう指導する」と答えた。

■議会対策

 水谷市長は取材に対し、長期駐車した主な理由を、市議会定例会での答弁調整などをするため、“いつもより早い登庁・遅い退庁”が続いたためだったとしている。実際、3月9~22日は市議会定例会の会期と重なっている。

 では、市議会(定例会、常任委員会、特別委員会)に出席する市議は、どこに駐車しているのだろうか-。市によると、議会中は議場が併設される市役所本庁舎に市議専用として「11台分」確保している。議会中に限り、市議の自家用車は“公用車”とみなすためであろう。

※次回は、水谷市長のインタビュー詳細のほか、水谷市長の行動に対する賛否の声などを紹介する。