人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

1678人が新たな学校生活スタート

tweet
2021/04/07掲載(北見市/社会・教育)

北見の小中学校などで入学式

 北見市内の小中学校などで6日、入学式が行われた。東小学校では真新しいランドセルを背負った新1年生43人が保護者とともに初登校し、学校生活の一歩を踏み出した。

 市教委によると今年度の入学者は小学校が756人、中学校(義務教育学校7年生を含む)が922人の計1678人。コロナ禍での入学式に各校は参加者を制限したり、時間を短縮するなど感染防止対策を徹底した。

 東小学校では密集を避けるため在校生は出席せず、保護者の参列も1人に制限。受付での検温と消毒の実施や座席の間隔を空けたほか、式典の時間も15分ほどに短縮した。

 マスク姿で式に臨んだ1年生は、担任から名前を呼ばれると「はい」と元気よく返事をして立ち上がった(写真)。佐藤和俊校長は「いつもマスクを着けてしっかり手洗いし、みんなでコロナに気を付けましょう」などと1年生に呼びかけた。

 入学式を終えた1年生の女子児童は「少し緊張したけど楽しかった。これから勉強を頑張りたい」と話していた。     (理)