人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

「北見市緋牛内20遺跡」紹介

tweet
2021/04/07掲載(北見市/文化)

昨年10~11月の調査で発見
北網圏北見文センでミニロビー展

左が長さ7・1&

左が長さ7・1&

 昨年10月~11月の調査で発見された「北見市緋牛内20遺跡」を紹介するミニロビー展が、北網圏北見文化センターで行われている。土層や出土遺物をパンフレットで紹介し、発見された槍の穂先「有舌尖頭器」1点と、木や骨を彫ったり削ったりする道具「彫器」1点を展示している。6月19日まで。観覧無料。

 担当学芸員の男性によると遺跡の場所は私有地で、オホーツク総合振興局から火山灰などを採取する土取り場にできないか調査依頼があり、地層が見えているポイントから299点の遺物が見つかった。1万5千年から1万3千年ほど前の遺跡と想定されるという。

 男性は「見つかる遺跡のほとんどは畑など人の手が入っている場所で壊れているものが多いですが、ここは手つかずの森林で、遺跡として極めて貴重。たくさんの方に興味を持ってもらえたら」と、来場を呼び掛けている。

 問い合わせは北見市教育委員会文化財課(0157・23・6742)へ。  (匡)