人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

横浜スーパーレンジャー派遣…

tweet
2021/04/28掲載(北見市/社会)

“不撓不屈”の精神学ぶ
北見地区消防組合・29歳男性

大都市の過酷な現場を経験
人・ひと・240度

 北見地区消防組合消防署救助課の29歳男性は昨年4月から今年3月まで1年間、横浜市消防局に派遣され、災害が頻発する首都圏の現場で貴重な経験を積んだ。

 約370万人の人口を抱える横浜市の消防局には約3600人の職員が在籍。男性は本部直轄の特別高度救助部隊、通称スーパーレンジャーに配属された。同市の救助隊(レンジャー)は、国内で最初につくられたレスキュー組織。その中から精鋭レンジャーを集めたスーパーレンジャーには59人が所属。大規模災害や特殊災害に対応し、市民の生命と財産を守っている。

 男性は「横浜レンジャーは“不撓不屈”を合言葉に掲げています。どんなに過酷な現場でも最後まであきらめない精神を学びました」と語る。

 昨年8月に発生した工事用重機の貯油タンク転落事故では、4日がかりの救助活動に従事。最後までタンク内に残っていた隊員が無事に上がってきた時は「感極まりました」と振り返る。

 「一生に一度の貴重な経験を積むことができ、派遣していただいた北見市と組合に感謝。1年間学んだ経験を生かし、市民の安全安心を守りたい」と決意を新たにしている。 (柏)