人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

65歳以上の集団接種スタート

tweet
2021/05/13掲載(置戸町/社会)

置戸町で混乱なくスムーズに…

 65歳以上の高齢者を対象に置戸町では11日、新型コロナウイルスワクチンの集団接種が始まった。町中央公民館を会場に初日は予約者ら50人が訪れ町は「混乱なくスムーズに接種できた」と話している。

7月末までに2回接種
新型コロナウイルスワクチン

 町内の医療従事者、福祉施設利用者の1回目の接種は終了。集団接種の開始時期は近隣市町の中では早いほうで町の関係者は「置戸赤十字病院の協力・支援が大きく、町と医療機関の連携が取れている」と、ここまで順調にきている成果を語る。

 同町は高齢者枠を上限のない65歳以上としていて、対象者は約1200人。集団接種は火・水・金曜日の午後に各日3時間を計画。高齢者の接種は7月末までに2回目を終了できると見込んでいる。

 集団接種に向けて、接種日の予約申し込みは郵送とコールセンターの2通りで受け付け。遠隔地については町の巡回バスが利用でき、町秋田の79歳の女性は「手違いで、乗らない方で申し込んだが、気づいて連絡すると、窓口の地域福祉センターの職員の方が親切に乗れるようにしてくれた」と感謝していた。みんな顔を知っていて、小回りが利くのが小さな町の良いところのよう。

 初日は秋田地区の10人が送迎バスを利用。ほとんどが予診票に記入を済ませて来場し、粛々と進んだ。初日ということで町長・副町長も会場を訪れ見守ったが、ホッとした様子だった。

 接種を終えた82歳の男性は「これで少し安心です」と穏やかな表情をみせた。順調に行えたことから、来週からは計画通り各日90人に増やし実施する。 (寒)