人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

国道39号走行中のヒヤリ・ハット集

tweet
2021/05/24掲載(北見市/社会)

北見市留辺蘂町富士見・滝の湯地区活性化期成会

危険個所改善の要望へ住民の声洗い出し

 北見市留辺蘂町富士見・滝の湯地区活性化期成会は、地域住民が日頃利用する国道39号の危険個所の改善要望が「行政に伝わっていないのではないか」と考え、改めて住民の声を洗い出した。

 「伝わっていれば、行政として対策を取っているはず」という飯田淳一会長らの考え受け、走行中にヒヤッとした経験などを西相内の車両分離帯周辺と温根湯周辺の2カ所について会員から声を集めた。

<西相内~車両分離帯周辺>

○北見から留辺蘂へ向かうとき、中央分離のラバーポールが見えづらく、ヒヤッとする。

○ラバーポールが道路の曲がるところにあり、危険なので夜光化を要望するのは良いことだ。

○薄暮時は西日で車両分離帯が見えづらい。

○ゆずり車線の終点、道路を狭くしているところの標識は取るべきだ。路肩に移動すれば、命に別状はない。ぶつかったら「死ぬよ!」。

○例えばツルツル路面で「アッ」と思ったら遅い。コンクリートにぶつかったら大変危険。昭栄地区みたいにして欲しい。運転を失敗しても路肩から落ちるだけで、命まで取られない。

○冬道の西相内~留辺蘂間は道路上を雪が走っている状態(地吹雪)であり路面がテカテカ。雪止め、風止めを設置しないと、普通に走っても路外に落ちそうだ。

○冬道、西相内から相内にかけての約1㌔は要注意区間。4WD車でも路外に落ちている。

○西相内~留辺蘂間は、風の通り道であり危険。

 ……………

<温根湯周辺>

○北見~温根湯間の標高差は100㍍あるため坂道でスリップの原因にもなる。注意してもらう必要がある。

○石北峠にトンネルを掘ることが大事。会として常に発信し続けてほしい。これが地域の緊急課題。少ししか進まないとしても何度でも言い続けてほしい。