人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

特殊詐欺被害を未然に防止…北見署が表彰

tweet
2021/07/06掲載(北見市/社会)

北見信用金庫温根湯支店・女性職員

適切な声掛けで振り込む直前に解決
「研修の経験とチームワークのおかげ」

 沈着・冷静な対応で、特殊詐欺被害を未然に防いだとして、北見信用金庫温根湯支店の女性職員が6月25日、北見警察署から表彰された。

 6月4日正午過ぎ、窓口を訪れた男性(50歳代)の様子が「振込方法で困っていたようなので声を掛けた」と女性職員。一方で「ずっとスマホを切らず、振込先が個人名なのも変だと思い、上司に相談した」そう。男性は「40万円ずつ計4回、振り込みたい」と話したという。

 女性職員は「特殊詐欺対策の職場教育を受けていた事例そのままだった」と振り返る。

 上司職員が警察に連絡し、駆けつけるまで時間稼ぎを行った。

 その間に女性職員が男性から聞いたのは、電話で「有料動画サイトの未納料金が膨らんでいる。弁護士を通して差押えの措置に入る」と煽る言葉だったそう。「もしかすると家族がサイトを利用したのかもしれない」「払わなければ」と不安そうだったという。

 振り込む直前に解決し、北見警察署丸山仁生活安全課長から女性職員に署長感謝状が手渡された(写真)。丸山課長は「適切な声掛けは水際の最後の砦(とりで)です」と機敏な対応に感謝。女性職員は「初めて出くわしたけれど、研修経験が役立った。チームワークです」と安どの表情で語った。   (寒)