人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

地域の理解者増やし犯罪の抑止力に

tweet
2021/07/14掲載(北見市/社会)

北見駅南防災会会長・村松 健二さん

 昨年から北見警察署に足しげく通い、北見駅南防災会の立ち上げ準備に奔走してきた、同会会長の村松健二さん(69)。一緒に活動しませんかという呼び掛けに「コロナ禍で動けないという町内会が多かった。でも今こそ動かなければ」と設立に至った思いを語る。

 少林寺拳法の指導者を務め「半ばは自己の幸せを半ばは他人の幸せを」という少林寺の教えが動機の原点。

 市交通指導員、民生児童委員など数多くの市民ボランティアに関わる村松さん。自動車に装着する青色回転灯の装備も準備した。

 新型コロナウイルス拡大防止のため、町内会などの活動自粛は止むを得ないと考える。

 その上で「住みよいまちづくりへ、小さなことから始めたい」と少人数での立ち上げも今はOKと考える。「ゆくゆくは防災にも手を広げ、地域の理解者を増やし、犯罪や災害弱者を未然に防ぐ抑止力になること」を望んでいる。「そのための第1ステップ」と意気込む。  (寒)