人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

北見地区消防組合 上半期の救急出動状況

tweet
2021/07/23掲載(北見市/社会)

2683件でほぼ昨年並みに推移

コロナ禍で昨年から増加傾向止まる

 北見地区消防組合消防本部は、今年上半期(1~6月)の同組合管内(北見市、置戸町、訓子府町)の救急出動状況をまとめた。件数は2683件で前年比27件増加。ほぼ昨年並みで推移している。

 同管内では高齢化の進行とともに年々、救急出動が増加している。しかし昨年(1~12月)は5496件、前年比543件減(8.9%減)と12年ぶりに前年を下回った。コロナ禍で地域住民の健康意識が高まったことや、感染懸念で救急要請を躊躇する心理が働いた影響などが考えられる。

 今年上半期の出動の内訳は「急病」が1784件で前年比77件増加、「一般負傷」が375件で27件増加した。このほか「転院搬送」が238件で54件減少し、「交通事故」が95件で36件減少した。

 項目によって増減はあるものの、全体の数字はほぼ前年並みとなっている。   (柏)