人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

みんなの声 初めての○○

2021-09-06 掲載

(北見市/社会)

期待も不安も失敗も

 誰でもドキドキワクワクした、思い出深い初めての体験があるはず。「初めての○○」をテーマに、ずっと記憶に残る、さまざまな初めての体験について聞きました。

テレビ
ご近所さんと隣家で

 初めてテレビを見たのはお隣りの家でした。

 近所の子ども達を集め、蛇腹型の両開きの扉を開けると四角い箱に映像が流れました。その家は裕福だったのでしょう、当時としては珍しい掃除機もありました。丸い円筒形に4輪が着いていて、私は自動車のようにまたいで乗って、叱られたのを覚えています。

 その後、我が家にもテレビが入りました。4本足が付いて、ブラウン管の前面になぜかブルーのプラスチック板がありました。

 スイッチを引っ張ると、しばらくして(真空管なので)映像が流れ興奮しました。どこから映像が来るのか不思議で、箱の裏側を調べたものです。前回、昭和39年の東京オリンピックを見ることができました。洗濯機、冷蔵庫が家庭に入って来たのはその後です。

 今の子たちは生まれた時から揃っていますが、私達の頃は家に電化製品が届くと、いちいち感動したものです。

(北見市、60代・男性)


炭酸飲料
はじけるおいしさ

 子どもの頃の飲み物といえば、誕生会や学校行事の際に出てくるオレンジジュースが楽しみでした。粉末のジュースの素を水でといた自家製です。

 昭和40年頃、初めて炭酸水を飲む機会がありました。サイダーです。シュワシュワとする不思議な飲み物を勇気を出して口にした覚えがあります。口の中で破裂して「なんだこれ」と思ったものです。

 裕福な家の子は、びん入りの黒い炭酸水(コーラ、ガラナ)を家で飲んでいましたが、勧められても薬臭くて遠慮したものです。

 まもなくその、スカッと爽やかなおいしさを知りました。

(北見市、60代・男性)


麻雀
小6、家庭で卓囲み まさかの役満!?

 今はすたれているかもしれませんが昭和40年代には家庭麻雀が流行しました。家族や知人が集まり、4人揃えば卓を囲んだものです。

 我が家でも麻雀セットを購入。ある日、親類の人が来て、一人足りないからと小学6年の私が誘われました。

 ルールもおぼつかないなか自分なりに分かりやすいからと無地の白い色の牌、緑の發と書いた牌、赤い色で中と書いた牌を3枚ずつ集め上がりました。意外と麻雀は簡単でした。

 ところが父をはじめ親類のおじさん達は呆然としています。きょとんとする私に向かって「それってなあ、大三元って言ってなあ…」

 何か悪いことをしてしまったようで、喜べません。怖いもの知らずというか、ビギナーズラックというか、その後は…。小学6年のその時に運を使い果たしてしまったようです。

(北見市、60代・男性)


おつかい
お母さんのために…間違えたけど達成感

 「初めて」と言って思い出すのは、小学1年の時の初めての「おつかい」です。

 近所のスーパーで「しらたき」を買ってくるおつかいでした。スーパーは歩いて5分ほどの距離なのに、1人で行くのが心細くて「行きたくない」と思っていました。でも「お母さんのために」という気持ちもあり、おつかいに行き、すぐに買い物を終えて帰宅しました。

 「しらたき」を買ってくるはずが、間違えて「こんにゃく」を買ってしまったのですが、母は怒ることなく、こんにゃくを料理に使ってくれました。おつかいに行ったことが自信となり「私はお姉ちゃん」という気持ちになったのを、今でも覚えています。

 成長につながるのは分かっているのですが、我が子のおつかい-となると不安です。小学1年生の息子の初めてのおつかいはまだ先になりそうです。

(北見市、40代・女性)


ドーナツ
たくさん我慢し フワフワに感動

 幼稚園の年長さんの長男は卵をはじめさまざまな食物アレルギーがあります。小さなころから食べ物を制限し、家族や友達と同じものを食べることができず、我慢をたくさんしてきました。これまでアレルギーの原因と思われる食物を食べてみる検査を繰り返し、少しずつ食べられる量を増やしてきました。

 鶏卵アレルギーは、固ゆで卵1個分まで大丈夫な段階まで到達し、先日初めて全国チェーンのドーナツ店に行きました。チョコともちもち食感のドーナツ2種類を自分で選び、初めてそのお店のドーナツを口に運んだ息子の第一声は「えっ!?フワフワしてる…」でした。

 息子はその店のチラシやクーポンを大事にとっておいていたほど。憧れていたみんなと同じドーナツの味は格別だったと思います。ラーメン屋さんにも行き、初めての“お店のラーメン”にも感動していました。

(北見市、30代・女性)


映画館
「キングコング」が急に怖くなって

 映画館で初めて映画を見たのは、確か3、4歳のころだったと思います。幼児がいるにも関わらず、なぜか家族で「キングコング」を見ようと映画館に向かいました。

 道すがら突然、私の頭の中に客席の通路をキングコングが歩く様子が浮かびました。とても怖くなり、「行きたくない」と突然大号泣。困った父母は見る映画を急遽「トラック野郎」へと変えたのでした。

 不思議なことに、キングコングが客席の間を練り歩くという頭の中に浮かんだイメージは鮮明に残っているのに、生まれて初めて見た映画「トラック野郎」はまったく覚えていません。そして、あの時キングコングが見られなかったことを、今でも姉から恨まれています。

(北見市、40代・女性)



めっっっちゃつぶれた~

 初めてお酒を飲んだ20歳のこと。建設関係の仕事をしていて、周りは酒好きな人ばかり。どんどん飲まされて、ついには酔いつぶれてしまいました。

 この失敗を機に、二度と酔いつぶれるまいと誓いました。酒を飲むときには、酒の量を自分できちんとコントロールするようになりました。

 そのおかげで、酔いつぶれたのは初めて酒を飲んだあの時1回きりです。

(北見市、80代・男性)

検索フォーム

キーワード

地域

表示順

 

カレンダー

キーワード

  • 初めて
  • 体験

関連記事