人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約84,000部を所定エリア全域配布

新作の微発砲ロゼ甘口『かなで』

2021-09-21 掲載

(北見市/社会)

25日発売

北見の醸造所・ボスアグリワイナリー
情報ナウ

 北見市端野町緋牛内のワイン醸造所・ボスアグリワイナリーは、自作のブドウを100%使用して醸造した自社ブランド『桜夢雫2020』の新作となる瓶内2次発酵の微発砲ロゼ(ペティアン)甘口『かなで』を、25日(土)に発売する。

 昨年10月に収穫したワイン用のブドウを使ってワインを仕込み、これまでに赤、白、ロゼやアイスワインなどを販売している。かなでについて深田英明代表(69)は「フルーティーな香りで飲みやすい、やや甘口に仕上がりました。ぜひ楽しんでみてください」とPRしている。

 かなでは750㍉㍑入りで税込み2700円。販売は限定380本で、ワイナリーの直売所のみで取り扱う。その他のワインは市内の一部のスーパー、コンビニ、酒販店でも販売している。

 直売所は無休で、営業時間は午前8時~午後6時。 (匡)

検索フォーム

キーワード

地域

表示順

 

カレンダー

キーワード

  • かなで

関連記事