ふるさと納税返礼品の企画を発表

2022-11-24 掲載

(美幌町/社会)

「心」の発信が大事…美幌YEGの講座修了

 == 株式会社伝書鳩|経済の伝書鳩|北見・網走・オホーツクのフリーペーパー ==

 美幌商工会議所青年部が6月に開講したふるさと納税返礼品企画講座の最終回が16日、美幌経済センターで開かれた。受講した5組が、講座を通じて仕上げた企画を発表。それぞれ美幌の知名度向上を図り、魅力をPRする返礼品をアピールした。

 講座は美幌町内の企業を対象にこの日まで5回開かれ、農協や観光物産協会の職員、農業者、地域おこし協力隊員らが新たな返礼品を企画するべくマーケティングや収支、メディア戦略、コンセプトの考え方などを学んできた。

 発表では5組が、アスパラやニンジンのペーストを美幌産小麦粉に練り込んだうどん、2024年度に開通が見込まれる屈斜路カルデラ外輪山トレイルルートのガイドツアー参加権などを提案。返礼品そのものでなく「美幌に興味を持ち、行ってみたいと感じてもらえるパンフレットを添える」という企画もあった。

 講師を務めた株式会社プライムマネジメントコンサルティング(東京)の出村明弘さんは「ぜひ食の魅力も加えて厚みのあるプランに」などとそれぞれのプランに助言。「大事なことは『心』をいかに発信するか。クレームが来た時に心ある対応ができるか」とホスピタリティの大切さを強調。「円安、コロナ禍など不安だらけの状況だが、チャレンジする姿勢は絶対に忘れないでほしい。できないことを地域で連携することも大事」とエールを送った。(浩)

キーワード

  • ふるさと納税返礼品

関連記事

検索フォーム

キーワード

地域

表示順

 

カレンダー