人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

オホーツクの情報源 伝書鳩WEB

北海道で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

2度目の美幌町栄誉賞

tweet
2017/05/26掲載(美幌町/社会・スポーツ)

一戸 誠太郎さんに

スピードスケート・ユニバ-シアード大会優勝で
アジア大会でも優秀な成績修め
平昌冬季五輪で表彰台目指したい

美幌町出身のスピードスケート選手、一戸誠太郎さん(21)=信州大学=が21日、美幌町栄誉賞を受賞した。

 今年1、2月にカザフスタンで開かれた第28回ユニバーシアード冬季競技大会の男子マススタートで優勝した功績。大会では男子5000メートルと男子チームパシュートでも2位に入った。さらに、2月に帯広市で開かれた2017アジア冬季競技大会でも2種目で3位に入った。

 表彰式がしゃきっとプラザで行われ、土谷耕治町長から栄誉賞が贈られた。

 山形中央高校時代の24年にも、ユースオリンピック冬季競技大会の男子3000メートルとマススタートで2位に入り、町栄誉賞を受けており、2度目の受賞。土谷町長は「世界で名を知られるようになり、心から敬意を表する。これからも活躍を」と祝った。

 一戸さんは受賞への感謝の言葉とともに「町民の皆さんの応援を追い風にして滑ることができた。来季の平昌(ピョンチャン)冬季五輪は、出場でなく、表彰台を目指したい」と抱負を述べた。

 一戸さんは10月末の来季開幕に向け、6月10日まで帯広で練習。11日からは網走で合宿を行うという。    (浩)