人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

2017年 重大ニュース 管内・訓子府・置戸

tweet
2017/12/23掲載(網走管内/社会)
開通を祝い走り初め式が行われた訓子府IC

開通を祝い走り初め式が行われた訓子府IC

※記事中の年齢は当時のものです

十勝と結ぶ新道路
十勝オホーツク自動車道 訓子府~陸別小利別間が開通
地元の町民らが祝う
十勝オホーツク自動車道(足寄~北見間79キロ)の一部となる訓子府IC~陸別小利別IC間が10月9日に開通した。記念式典やウオーキングイベントが行われ、十勝管内との新しいアクセス道路の開通を祝った。

 新たに供用開始した区間は訓子府町協成~陸別町小利別の延長16キロ区間。これによって同自動車道の北見東IC間~陸別小利別IC間がつながり延長が38.3キロとなった。

 走り初め式では紅葉ウオーキングに参加した地元の訓子府や置戸、陸別の町民らが参加、地元小学生も加わりテープカット。パトカーを先導にトラックやバスなどが走り初めを行い、出席者らが拍手で見送った。  (澄)


丸瀬布~遠軽瀬戸瀬間 11.2キロが供用開始
旭川紋別自動車道
旭川紋別自動車道の丸瀬布IC~遠軽瀬戸瀬IC間11.2キロが3月19日に供用を開始した。

 遠軽瀬戸瀬ICの供用開始に伴う路線の延伸は21年12月の白滝IC~丸瀬布IC間以来で8年ぶり。

 遠軽瀬戸瀬ICの供用開始によって現在の比布JCT~丸瀬布IC間を利用し瀬戸瀬までの時間と比べ夏で2分、冬で4分程度短縮されることになった。遠軽瀬戸瀬IC~遠軽IC間の整備は現在、進められているが、開通は未定。 (澄)


おけと勝山温泉ゆぅゆ リニューアルオープン
湯温が異なる2つの浴槽
置戸町のおけと勝山温泉ゆぅゆが4月1日、リニューアルオープンした。町民による一般社団法人おけと勝山温泉ゆぅゆが運営する。

 従来通りの源泉掛け流しのほか、大浴場には湯温が異なる2つの浴槽、ジャグジー風呂を配置。露天には景色を眺めながらの寝ころび湯を新たに設けた。 (成)


置戸町ファミリースポセン 耐震補強でリニューアル
LED照明を追加 広さは約2倍に
置戸町ファミリースポーツセンターは耐震強度を増すために柱などを補強する改修工事を行い、4月1日、リニューアルした。

 アリーナにLED照明を追加、明るさが増した。トイレが新しくなり、シャワー室を設置。トレーニング室は広さが約2倍となり、新器具を導入した。  (成)


訓子府町スポセン 建て替えで解体
訓子府町スポーツセンターが9月に閉館し、10月から解体工事を進めている。耐震強度不足で、建て替えることになった。

 来春には新施設の工事に着手し、31年4月のオープンをめざす。新施設は2階建てで、1階はアリーナを中心に事務室、更衣室などを配置。2階にはランニングコースやトレーニングスペースを設ける。    (成)


武部新氏V3
衆院選北海道12選挙区
第48回衆院選が10月22日、行われ、北海道12区は自民党前職の武部新氏(47)が9万7113票を獲得して3度目の当選を果たした。希望の党から立候補した新人の水上美華氏(35)は票が伸びず5万8422票で武部氏に約3万9千票の差をつけられた。比例代表でも惜敗率が届かず落選。共産党の新人、菅原誠氏(44)は2万3830票を獲得した。  (粟)


管内の秋サケ不漁
平成に入り最低
管内の秋サケの漁獲量が今年は平成に入って最低だった。オホーツク総合振興局によると10月30日までの漁獲量は2万3763トンで、不漁といわれた前年より約3割減となった。  (玲)

 

リニューアルオープンしたおけと勝山温泉ゆぅゆ

リニューアルオープンしたおけと勝山温泉ゆぅゆ

リニューアルした置戸町ファミリースポーツセンター

リニューアルした置戸町ファミリースポーツセンター

衆院選で当選した武部新氏

衆院選で当選した武部新氏