人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

スピードスケートで平昌冬季五輪へ

tweet
2018/01/08掲載(美幌町/社会・スポーツ)

美幌出身・一戸誠太郎選手

初出場、活躍に期待高まる

美幌町出身のスピードスケート選手、一戸誠太郎選手(21)=信州大学=が、平昌冬季五輪のスピードスケート男子5000メートルと男子団体追い抜きの代表に選ばれた。

 昨年12月上旬にカナダで開かれたワールドカップで、男子5000メートルと男子団体追い抜きで日本記録を更新。27日に長野県で開かれた代表選考会の男子5000メートルで優勝した。30日、日本スケート連盟が発表した代表に名を連ねた。

 代表選出の快挙に土谷耕治町長は「町民の皆さんに誇りと勇気、子ども達に大きな夢と希望、元気をいただいた。ぜひ美幌にメダルを持ち帰ってほしい」と期待を込めた。

 一戸選手は美幌スビートスケート少年団で指導者を務める父(52)の影響で、3歳の頃にスケートを始め、少年団で実力を磨いた。美幌北中学校3年生の時、全国中学校スケート大会男子5000メートルで優勝。父は「多くの方に支えられたお陰。悔いを残さぬよう、しっかりと自分の力を出し切ってほしい」と話す。

 山形中央高校を経て信州大学に進学。美幌スケート協会の会長は「地元を離れて努力を続けてきた。代表入りはうれしい限り。感謝を忘れず大会に臨んでほしい」とエールを送った。(浩)