人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

3年連続シニアカーリング世界大会へ

tweet
2018/04/09掲載(北見市/スポーツ)

北見カーリング協会 女性(59)

北見カーリング協会の女性(59)=北見市=が稚内、札幌、帯広の選手と組むチームHokkaidoが、日本シニアカーリング選手権女子の部でみごと3連覇を飾った。ジュニアの指導にも熱心で競技者と二刀流の女性。日本代表として3年連続の世界大会は「今度こそ表彰台に」と意気込む。

日本選手権女子の部で3連覇
ジュニアの指導にも熱心
今度こそ表彰台に

初心者体験会では熱心に指導も

初心者体験会では熱心に指導も

シニアは50歳以上が対象。女性は日本選手権やミックスダブルス選手権で顔を合わせたことのあるカーリング仲間から声を掛けられ、50~70歳代の道内選手とチームを作り、3年前から出場している。近年はシニアのチーム数が増え、勝ち上がるのが難しくなってきているという。

 第15回日本シニアカーリング選手権は2月14~18日、空知管内の妹背牛町カーリングホールで行われ、女子は6チームが出場。女性がサードを務めるチームHokkaidoは予選リーグ4勝1敗の2位で決勝トーナメントへ。準決勝のaomori戦を5-4で辛くも勝ち上がると、決勝のチーム札幌戦は11-0で快勝した。

 今年の世界シニアカーリング選手権は4月21~28日、スウェーデンのエステルスンドに16カ国を集め開催。日本女子シニアの今季の世界ランキングは7位で、カナダ、スイス、スコットランドなどが上位を占める。女性は「一昨年の8位、昨年の7位を上回る成績を」と張り切り、「氷の状態を読むアイスリーディングが試合を左右すると思う。経験を生かしがんばりたい」。

 カーリング歴23年。北見市花月町の河西建設カーリングホールをホームリンクに活動しており、ジュニアの育成にも心を注ぐ。ホールは4月上旬でシーズンオフ。世界戦を前にシーズン最後の初心者カーリング体験会では、人一倍元気な声で熱心に指導していた。 (寒)