人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

ブルガリアで交流コンサート

tweet
2018/04/23掲載(その他/社会・文化)

北見と福島、東京など
「おひさま交流合唱団」

地元の合唱団と
北見で報告会も

国際交流を目的に、北見と福島、東京などの合唱団員らで結成する「おひさま交流合唱団」が今月6日、ブルガリアのプロヴディフ市で交流コンサートを行った。ブルガリアンボイスという独特の発声法で歌う地元のクルトボコナレ女声合唱団と共演し、歌声で交流した。

 おひさま交流合唱団は、指揮を担当する北見の女性の呼び掛けで、合唱仲間が集まって結成。平成26年にロシア、28年にポーランドと2年ごとに海外で交流コンサートを開いている。今年は北見の9人を含む24人が参加した。

 プロヴディフでは、2つの合唱団による友好親善合唱コンサートを開催。地元住民が集まる中、それぞれ7曲ずつと、日本語とブルガリア語の曲を1曲ずつ合同で歌った。コンサート後は交流会も開かれ、歌やダンスで親睦を深めた。

 帰国後には、参加できなかった北見のメンバーに向けた報告会が北見市内のカフェで開かれた。ブルガリア訪問メンバー7人を含め、14人が参加した。

 女性は、ブルガリアンボイスの素晴らしさを紹介し「ブルガリアの指揮者の方が日本語の『ふるさと』を暗記してくださっていて、とても感激しました。どこの国も人の温かさは同じだと感じました」と話した。

 ブルガリアを訪れたメンバーはそれぞれ「ブルガリアの合唱団は優しく、歌声の迫力がすごかった」「とても素晴らしい経験になった」など、ブルガリアでの体験を仲間に報告した。(菊)