人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

18日から常呂でカーリングPACC

tweet
2018/05/18掲載(北見市/スポーツ)

代表決定戦前に4チームが意気込み

SC軽井沢クラブ(左前列)、チームIWAI(左後列)、富士急(右後列)、LS北見(右前列)

SC軽井沢クラブ(左前列)、チームIWAI(左後列)、富士急(右後列)、LS北見(右前列)

パシフィックアジアカーリング選手権の日本代表決定戦(18~20日、アドヴィックス常呂カーリングホール)を前に出場する4チームが17日、北見市内で記者会見を行った。

 冬季オリンピックと世界選手権に出場したチームの頂上決戦。チームを代表し、それぞれのアピールポイントについてSC軽井沢クラブ(長野県カーリング協会)の両角友佑選手は「速いテイクアウトと力強いスイープ」、チームIWAI(北海道)の岩井真幸選手は「チームワークと氷のよみ」、LS北見(北海道)の藤澤五月選手は「アイスの上のコミュニケーションと向上心」、富士急(山梨県)の小穴桃里選手は「アイスへの適応力。いいアイス、いい会場で試合できることを感謝したい」と述べた。 笑顔をみせるオリンピック組に対し、硬い表情の世界選手権組と対照的。

 北見市出身でSC軽井沢クラブの平田洸介選手は「シーズン集大成として、いい結果で締めくくれるように」、富士急の石垣真央選手は「ホームリンクと思い頑張る。成長を見てもらえれば」、LS北見の本橋麻里選手は「世界で吸収できたプレーを日本でも」、藤澤選手は「シーズン最後までカーリングできる喜びを」、吉田知那美選手は「大会を盛り上げ、支えていただいたすべての人に恩返ししたい」、鈴木夕湖選手は「私達自身も楽しみたい」、吉田夕梨花選手は「今回のチームテーマは「大感謝祭」。一投でも多くいいプレーできれば」とそれぞれ抱負を述べた。(寒)


カーリング当日券あります
女子第3試合は完売
パシフィックアジアカーリング選手権日本代表決定戦(18~20日、アドヴィックス常呂カーリングホール)の観覧当日券が会場受付で販売される。

 各日第1試合開始30分前から、当日のチケットを販売する。チケットに余りがある場合はそれぞれの試合開始30分前にも販売。女子第3試合(19日午後4時半から)のチケットは完売している。

 1試合観戦券が2500円、1日券が7000円、2階車椅子席が2500円。観戦は試合ごとの入替制。

 先に3勝したチームが代表権を得て、その後の試合は行わない。19日以降の大会スケジュールは次の通り。

【19日】
▽女子第2試合=午前8時半~
▽男子第3試合=午後零時半~
▽女子第3試合=午後4時半~(チケットは完売)

【20日】
▽男子第4試合=午前8時半~
▽女子第4試合=午後零時半~
▽男子・女子各第5試合=午後6時半~