人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

オール北見クラブ躍進、全国大会へ

tweet
2018/06/11掲載(北見市/スポーツ)

60歳以上の還暦野球で…

野球チーム・オール北見クラブが60歳以上の道内最大規模の大会、第20回北海道還暦軟式野球選手権(2~4日、上川管内比布町など)で躍進した。次々と強豪を倒し、準々決勝では11年前の決勝戦で敗れた札幌スターズに雪辱。4強入りし、全国大会出場を決めた。

11年前の雪辱果たし4強
来年こそ全道の頂点に

宿敵札幌スターズに勝利

宿敵札幌スターズに勝利

一昨年がベスト4、昨年がベスト8と一定の成績を収めているが、近年はなかなか決勝進出に至らず「20回の節目の今年は、最高の成績を残したい」(監督)と臨んだ。

 北見市で開催された2007年の第9回大会(出場20チーム)で準優勝したのが最高成績。そのときは決勝で札幌スターズに17-2と大敗し力尽きている。

 監督によると、チームは「投手陣は道内屈指。ただ打撃陣は左投手に弱く、事前の練習では右打ちを重点的に取り組みました」。

 大会には全道40チームが参加。「トーナメントの序盤戦で当たる旭川や釧路のチームは新人が加入し力をつけている、という情報が入っており、気を緩めずに臨んだ」。

 2回戦から登場したオール北見クラブは初戦の旭川グランパーズに10-1で快勝。次の3回戦、釧路シニアクラブとは予想通り接戦になり、終盤に逆転し2-1で勝ち上がった。

 続いて同じ日の午後に行われた準々決勝は過去数回の優勝を誇り、昨年も準優勝の札幌スターズと対戦。オール北見クラブは連投となる投手(65)が「この日良かった」という変化球と伸びのあるストレートで要所を抑え、最後は遊ゴロ併殺で締めて3-2で勝利。「有利に試合を運べたのがよかった」。

 準決勝は大会2連覇中の苫小牧シニア倶楽部に惜しくも6-2で敗れた。

 3位タイとなり、来年の全国大会出場を決めたが、ナインは「来年こそは決勝戦、そして一番上に」と早くも意欲を燃やす。 (寒)

 

連投で要所を抑えた投手

連投で要所を抑えた投手

攻守が光った遊撃手

攻守が光った遊撃手