人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

全国障害者スポーツ大会出場

tweet
2018/10/08掲載(美幌町/スポーツ)

美幌・男性(74)

道大会でともに優勝
幅跳びは3メートル、50メートル走は7秒台を
土谷町長を表敬、抱負語る
いざっ全国へ

美幌町在住の男性(74)が、13日から福井県福井市で開かれる第18回全国障害者スポーツ大会(ふくいしあわせ元気大会2018)に出場する。

 昨年7月に苫小牧市で開かれた北海道障がい者スポーツ大会の走り幅跳びで優勝し、北海道の推薦を受けて出場する。

 平成元年に農作業中の事故で右上腕に障がいを負い、その後、陸上競技を本格的に始めた。全国大会は100メートルと立ち三段跳びで優勝した8年の広島、100メートルで3位に入賞した19年の秋田に続き、11年ぶり3度目の出場になる。

 ほぼ毎朝、柏ヶ丘公園陸上競技場に足を運んで1時間ほどの練習をこなし、大会に備える。

 3日に役場で土谷耕治町長を訪問。「スポーツマンシップで競技に臨み、全国の方々との交流も楽しんで」と激励を受けた。

 今年7月に岩見沢市で開かれた障がい者スポーツ大会の走り幅跳びは2メートル22で優勝。男性は「全国大会は今回が最後になるかもしれないので頑張る。幅跳びは3メートル、50メートル走は7秒台を出したい」と抱負を述べた。 (浩)