人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

馬喰一代の子役の不思議な縁

tweet
2018/10/24掲載(北見市/文化・歴史)

北見市出身の宮坂寿美子さん訪れ

作家・中山正男氏資料展に…関係者と懇談
懐かしい話で盛り上がる

作家中山正男氏の資料展示会(17~22日、NHK北見放送局ぎゃらりー)の会場に21日、映画「馬喰一代」第1作で子役として出演した宮坂尚利さん(76)の妻で北見市出身の宮坂寿美子さん(73、写真左から2人目)が東京都から訪れ、関係者と歓談した。まるで映画のようなドラマチックな実話も披露した。

 宮坂さんは今回の展示会開催に際し、自宅に残るアルバムや新聞の切り抜き、レコード、手紙など貴重な資料を多数提供した。宮坂さん個人の資料出展は今回が初めてという。

 寿美子さんによると、尚利さんが長野県諏訪市で家族と暮らしていた10歳のころ、馬喰一代の映画ロケ班が長野県に入った。その際、当初予定していた東京の子役は都会っ子過ぎるとされ、地方の子に白羽の矢が立った。オーディションの末、選ばれたのが尚利さん。小学生の尚利さんは堂々と演じきった。

 その後は映画の縁もなく勉学に励み、早稲田大学に入学。そこで知り合った友人が中山氏の息子さんの大平さん。寿美子さんは「俺は中山正男の息子だという大平さんに対し、主人(尚利さん)は『俺その映画に出ていたよ』と応じ、以来意気投合したようです」と教えてくれた。

 不思議な縁はそれにとどまらず、実家(藤澤さん)が中山氏と知り合いだった縁で東小、東陵中と北見市で暮らした寿美子さんと尚利さんが結婚することになったそう。「今回は来られませんでしたけれど主人も健在です」

 留辺蘂の関係者とも再会を果たし、銘酒・馬喰一代を誇る留辺蘂地酒倶楽部賛助会の鑓水欽三会長は「留辺蘂でロケをしたのをよく覚えています」、地元の鴻上一樹さんは「うちの2階で有志を集めて演説した際、中山氏のひざの上に乗って写真を撮った」と懐かしい話で盛り上がった。

 作家・中山正男氏保存会の高野智子副会長らは「偉大な文化人がいたことを忘れないでほしい」と25日午後6時から、留辺蘂商工会議所ホールで「馬喰一代」の上映会を開催する。入場無料。(寒)