人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

“公式アイヌ文様”採用

tweet
2018/11/27掲載(網走市/社会・話題)

網走刑務所の作業製品

網走刑務所は、関連団体から認証を受けたアイヌ文様を使用する新たな作業製品を開発した。受刑者の矯正作業の中で製品化している。木工と洋裁製品があり、作業製品を通じて北海道の魅力をPRしたい考えだ。

エプロン、木工品など8種
関連団体の認証受け、北海道の魅力PR

アイヌ文様をイメージしたデニム地のエプロン

アイヌ文様をイメージしたデニム地のエプロン

木工製品はストラップやマグネットホルダーなど3種類。「すべてアイヌの人々が使う小刀(マキリ)をモチーフにし、製品の表面にはレーザー彫刻でアイヌ文様をあしらいました」(同刑務所処遇部作業部門)。

 洋裁製品は帆前掛け、Tシャツ、バンダナなどの5種類で、いずれもデザイン化したアイヌ文様をプリントしている。デニム地のエプロンなどにはアイヌ文様をイメージさせる「網走」との文字を入れた。

 作業製品に使用したアイヌ文様はすべて、阿寒アイヌ文化知的財産権研究会(阿寒アイヌ協会や阿寒湖コタン調整委員会などで構成)の認証を得ている。同刑務所によると、同研究会の認証第一号が、今回の作業製品に使用された文様だという。

 道内の観光地などでは、アイヌ文様をあしらったお土産品などが数多く扱われている。こうした状況の中で、同刑務所は“オフィシャル”な文様にこだわることで、作業製品の価値を高めたい考えだ。

 同刑務所の担当者は「製品に使用するアイヌ文様の認証を得るまで、予想以上に時間を要しました」と振り返っていた。

 今回の製品についての問い合わせは、刑務作業事業部網走地方事務所(TEL 0152-67-4360)へ。(大)