人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

津別で情報交換会

tweet
2018/12/19掲載(津別町/社会)

オホーツク地域おこし協力隊連絡会設立へ

隊員が連携し、より効果的な地域協力活動を

オホーツク管内市町村の地域おこし協力隊員の情報交換会が14日、津別町林業研修会館で開かれ、席上でオホーツク地域おこし協力隊連絡会を設立することが決まった。

 連絡会は、協力隊員が情報交換や交流を通じて連携し、より効果的な地域協力活動につなげる狙い。

 大空町の協力隊員の男性が発起人代表として参加を呼び掛けた。

 キックオフイベントとして開かれたこの日の情報交換会には13市町村から協力隊員26人が出席。十勝管内陸別町の元協力隊員の男性が講演した。連絡会の活動について話し合うワークショップも行った。男性は特産品開発など協力隊員時代から現在までのさまざまな取り組みを紹介。連絡会について「隊員同士の横の連携ができることはうらやましい」と述べた。

 連絡会は、協力隊員のネットワークづくりをはじめ、分野別に連携しての活動、勉強会や研修会の開催などを計画。代表には網走市の協力隊員の男性を選出した。来年2月に設立総会を開き、正式に活動をスタートさせる。   (浩)