人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

美幌高校卒・女子生徒が入賞

tweet
2019/03/05掲載(美幌町/社会・教育)

JICA国際協力中学生・高校生エッセイコンテスト

3万5千近い応募から、道内唯一
野菜の品種改良に発芽の夢のせ

美幌高校を1日に卒業した女子生徒(生産環境科学科)が、JICA国際協力中学生・高校生エッセイコンテスト2018高校生の部で国際協力特別賞を受賞した。3万5千点近くの応募から入賞したのはわずか20点。「こんなにすばらしい賞をいただけるなんて思っていなかったのでとてもうれしい」と笑顔を見せている。

 コンテストは、次代を担う中高生に開発途上国の現状や日本との関係に理解を深め、国際社会の中でどう行動すべきかを考えてもらうことが目的。高校生の部には3万4738点の応募があり、道内では女子生徒が唯一、入賞した。

 女子生徒の作品名は「大きな夢を小さな種にのせて」。兵庫県神戸市出身で、美幌高校に進学した兄の影響で自身も興味を抱き、遠く北海道に進学を決めた。進学に至る思いや、野菜の品種改良をする研究者になる夢などを約1800文字で書いた。品種改良については「食糧危機を防ぐ」「消費者の健康を保つ」「種子を守り広める」という3つの目標をつづった。

 この春からは東京農業大学に進学。「今回の入賞が、自分の夢に少しでも近づいたのならうれしい。大学でもさらに勉強したい」と意欲をみなぎらせている。     (浩)