人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

JR乗車券、美幌観光物産協会で販売

tweet
2019/03/29掲載(美幌町/告知)

4月から

美幌駅舎内で利便性向上

JR乗車券が4月1日から、美幌駅舎内にある美幌観光物産協会で販売される。美幌駅の無人化以降、約1.2キロ離れた美幌商工会議所で販売されていたが、今後は利便性が高まりそうだ。

 美幌駅は平成28年4月末に無人化。5月から会議所が乗車券を販売していたが、駅から離れているため「観光客などから不便さを指摘する声があった」(会議所)という。

 取扱時間は午前9時~午後5時(午前11時~正午を除く)で30分短くなるものの、取扱日は年中無休になり、平日のみの現在より拡大される。

 取り扱うのは普通券、特急券(自由席)、回数券、定期券、ご当地入場券。自由席往復割引きっぷ(Sきっぷ)は網走-旭川間、指定席往復割引きっぷ(Rきっぷ)は網走-札幌市内間を扱う。詳しくは、JR北海道電話案内センター(011・222・7111)へ。(浩)