人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

レア野鳥オオマシコ現る

tweet
2019/04/19掲載(北見市/話題)

北見の金刀比羅さくら公園

愛好家垂涎…
早朝探鳥会で3羽確認
朝日浴び赤く美しく

バードウオッチャー憧れの赤い鳥「オオマシコ」が、北見市内の金刀比羅さくら公園に姿を現した。朝日を浴びて赤さが増し、その存在感を示しているようだった。

 13日に同公園で開かれた日本野鳥の会オホーツク支部主催の早朝探鳥会でのひとコマ。アトリ科の冬鳥で紅色に見えるのは雄の成鳥。体長は17センチほど。同支部によると、越冬のため日本に渡来するが、その数は少なく、「見た」という目撃情報は愛好者の間でたちまち広がる人気の野鳥という。

 探鳥会開始から20分ほどして、遠くの木に止まるオオマシコ3羽を確認した。参加者は単眼鏡や望遠機能付きのカメラで、なかなかお目にかかれない美しい姿を目に焼き付けた。飛び立った後も「まさかこんなきれいな鳥を見ることができるなんて」と感動の余韻に浸っていた。

 その後も今冬は確認数の少なかったアトリが確認され、まさに「早起きは三文の徳」となった朝だった。    (理)