人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

北見歩こう会が「防災ウオーク」

tweet
2019/05/08掲載(北見市/社会)

歩きながら避難経路や避難所を確認

歩きながら防災について考える、北見歩こう会のウオーキングイベント「防災ウオーク」がさきごろ、北見市内で行われた。会員50人がそれぞれ北見芸術文化ホール前を発着点とする5キロ、10キロ、15キロのコースを歩き、防災マップを手にコース上の避難経路や避難所を確認。帯同した市防災協会の会員から解説を受け、防災意識を高めた。

防災マップを手に…見方や活用法の解説も

北見歩こう会は、歩きながら防災について考える機会を設けたいと2年前から、春と秋のウオーキングイベントを、防災ウオークも兼ねて実施している。

 今回は今年度の歩き初めのイベント「早春の街並み再発見ウオーク」を、防災ウオークも兼ねて行い、市防災協会の事務局長が帯同。参加者は同協会が市の防災マップを基に作成したウオーキングコース用の防災マップを手に、避難所や避難経路を確認した。

 事務局長は「避難所と避難経路だけでなく、地震や洪水などさまざまな災害と発生時間を想定し、車椅子でも避難できるかどうかや、街灯があるかどうかも考えてください」とアドバイス。

 参加者達はそれぞれ自宅周辺の状況を思い描きながら、防災マップの見方や活用方法について耳を傾けていた。

 参加した男性は、すっかり雪解けが進んだ街並みを心地良さそうに歩き「避難所や避難経路を考えたことがなかったので、良い機会になりました」と話していた。 (匡)

 

北見市防災協会が編集した防災マップ。この日のウオーキングコースに避難所や避難経路が記された。

北見市防災協会が編集した防災マップ。この日のウオーキングコースに避難所や避難経路が記された。