人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

北見市 調査報告書まとめ

tweet
2019/05/16掲載(北見市/社会)

「街の駅」解決すべき課題、多岐に

北見市は、北見商工会議所と市観光協会から昨年4月に提出された「(仮称)街の駅・北見 構想提案書」に対する調査報告書をまとめた。提案書は、市南仲町の北見ハッカ記念館付近に街の駅の整備を提案している。市は「解決すべき課題が多岐にわたる」ため、引き続き情報収集を図り検討するとした。

商工会議所と観光協会が構想提案
引き続き情報収集図り検討へ

北見商工会議所と市観光協会は着地型観光の推進による地域活性化などを目的に、地域交流拠点施設の整備に向けた活動を展開している。

 提案書では街の駅の最適地をハッカ記念館付近とし、その理由としてドライバーや公共交通利用者の利便性が高いこと、各種施設が集積する中心市街地にも近いこと、ハッカ生産の歴史など北見の特色が活用できることなどを挙げた。

 市はこれを受けて昨年6月、庁内関係部の次長職で構成する庁内連絡会議を設置。他市町の視察と実現の可能性についての検討を行い、報告書をまとめた。

 報告書では「中心市街地活性化のための拠点整備方針である、2拠点1軸の複合交通・地域交流拠点の核店舗・パラボとの関係整理など、解決すべき課題が多岐にわたる」と指摘。

 「商業施設としてのパラボの運営に公的支援を行っている現在、新たなマーケットを造ることへの公費投入には、一般商業者とのバランスを考慮した場合、慎重にならざるを得ない」などとし、引き続き検討を行うとした。

     (匡)