人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

美幌「男談農園」きょうスタート

tweet
2019/05/20掲載(美幌町/社会)

男性対象、集って野菜づくり

美幌町内の男性を対象にした「男談(だんだん)農園」が美幌町元町に20日、オープンした。主に高齢の男性が気軽に外出し、交流しながら野菜を育てることで、介護予防につなげるのが大きな狙い。

のんびり、いきいき 活動の場広げたい

男談農園の畑

男談農園の畑

美幌町生活支援介護予防体制整備推進協議体に生活支援コーディネーター(地域支え合い推進員)として参画する男性2人が発起人となって企画した。

 町内では高齢者が定期的に集うサロンが複数あるが、参加者は女性が中心。中には女性が約9割を占めるサロンもあり、男性のための「男のサロン(仮称)」として、昨年、北見市北部地区地域包括支援センターが始めた「高栄地区だんだん(男談)菜園事業」を参考にして立ち上げた。

 畑は趣旨に賛同する町民から、約300平方メートルの無償貸与を受けた。野菜の種や苗も同様に賛同者から提供を受け、レタスやキャベツ、ジャガイモなど15種類ほどを確保した。

 説明会には男性11人が参加。農園の名称を決めたほか、農場長に発起人の男性の1人を選出。活動日を第1、3月曜日の午前9~10時、会費を月額100円にすることなどを決めた。

 農場長は「男性がのんびり、いきいきと活動する場として、ゆくゆくは全町的に農園が広がれば」と話している。

 農園は随時、参加者を募集。(浩)