人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

進学あきらめかけている人達の力に

tweet
2019/05/22掲載(網走市/社会)

あしなが学生募金の北見拠点責任者
東農大オホーツクキャンパス・男子学生

自身の体験を元に支援活動展開
勉強する希望があることを一人でも多くの人に
人ひと240度

災害や事故、病気などで親を亡くした子ども達の進学支援のために活動する、あしなが学生募金の北見拠点責任者、男子学生(19、東京農業大学オホーツクキャンパス・2年)は「支援を受け、大学に進めたことで将来の夢が広がった。自分と同じように進学をあきらめかけている人達の力になりたい」と話す。

 親を亡くしたり、親が重度の障がいを持って働くことのできない、日本やアフリカの子ども達の進学を支援するため、無利子で奨学金を貸与する「あしなが育英会」。あしなが学生募金は、育英会の支援を受ける学生らによる団体で、集めた募金全額を同育英会に寄付している。

 男子学生が小学生の時、母親が病気になり、入退院を繰り返すようになった。父親は母の入院費と治療費を工面するのに精一杯で「自分も家計を助けるためにすぐに働かなくてはならないと思い、大学進学はあきらめかけていました」。

 そんな時あしなが育英会を知り、大学進学の夢をつないだ。「給付型の支援も始まり、とても助かっています。あしなが育英会の奨学金がなければ、進学し、生活することは絶対にできなかった」と断言する。

 春休みに地元に帰ると、学費が払えずに大学を中退した友人が何人もいることを知った。「あしなが学生募金の活動で、友人達と同じように学校を辞めなくてはならない人達を少しでも減らしたい」と感じたという。

 今年度初めての街頭募金活動がこのほど、北見市内で実施された。ボランティアの高校生らとともに募金箱を手にした男子学生は「進学をあきらめるのは親の夢を奪うことでもあると知った。勉強する希望があること、1人でも多くの子ども達にこの声が届くことを願っています」と声を振り絞って呼び掛けた。     (菊)