人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

網走の花園「はな・てんと」…

tweet
2019/06/08掲載(網走市/話題)

市民パワーで咲かせます

網走市の天都山中腹を彩る花園「フラワーガーデン『はな・てんと』」をボランティアで管理する市民団体が決まった。今年は市内の企業や学校、グループなど35団体がサルビアやマリーゴールドなど約8万株を育てる。

今年は35団体が育成

昨夏の「はな・てんと」

昨夏の「はな・てんと」

「はな・てんと」は、夏期は未利用な網走レークビュースキー場の約3・5ヘクタール。市民が割り当てられた区画をボランティアで管理するのが特徴で、網走の新たな観光地として定着。2003年から現行の管理スタイルとなった。

 ボランティア団体は昨年より3団体減ったものの、今年は1団体が初参加する。2003年以降、毎年参加しているのは「網走市フラワーマスター連絡協議会」「北海道ろうきん網走支店友の会」「網走中央商店街振興組合」など5団体となっている。

 今年から花園内に設置される遊歩道の形態が一部変更される。来園者らの意見を踏まえた試みで、遊歩道を歩きながら市民が育てる花の景観を楽しんでもらう狙いだ。

 苗植えは今月中旬に行われる。開花期間中に開放される同スキー場ロッジからは、花園を含めた知床連山とオホーツク海が一望できる。

 問い合わせは市観光課(0152・44・6111)へ。 (大)