人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

パックを再利用したブロック紹介

tweet
2019/06/10掲載(北見市/行事・教育)

北見北斗高サイエンスクラブ

「くるるん・きたみ」で
リサイクリエーション

再利用されたブロック

再利用されたブロック

北見北斗高校サイエンスクラブの3年女子生徒と2年女子生徒が15日(土)に北見芸術文化ホール前多目的広場で開催される環境フェア「くるるん・きたみ」で、液体洗剤などの使用済み詰替え用パックをリサイクルする活動「リサイクリエーション」を紹介する。2人は「多くの人にブースに来てもらい、リサイクリエーションについて知ってもらいたい」と呼び掛けている。

 リサイクリエーションは、洗剤やシャンプーなどの詰め替え用パックを洗うことなくそのまま回収、粉砕して固め、ブロックとして再利用する取り組み。市内では北見エコスクールSDGs協議会を中心に、高栄地区と上常呂地区で実証実験を行っている。

 同クラブで環境をテーマに活動している2人は、顧問の教諭とともに今年度から同協議会に参加。3年女子生徒は「全国で5%しかリサイクルされていなかった詰替えパックが、ブロックとして再利用されるのはすごいこと」、2年女子生徒は「とても良い取り組みなのに、知名度が低いのが残念」とリサイクリエーションについて話す。

 当日は、同サイエンスクラブのメンバーとともに、詰替パックのブロックでベンチやモニュメント、文字を作り、来場者が写真を撮って楽しめるスペースを設けるほか、詰替パックの専用ボックスを用意し、回収も呼び掛ける。2人は「インスタなどに挙げてもらえるように頑張って作りたい。ぜひ多くの方に来てほしいです」と張り切っている。

 くるるん・きたみの開催時間は午前10時~午後2時。(菊)