人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

景観重要建造物・樹木選定へ候補募集

tweet
2019/06/11掲載(北見市/告知)

北見市 地域のシンボル・象徴に

公共、民間施設問わず
保存樹木などとの重複も可

北見市は2015年に策定した市景観計画に基づき、将来の北見市に継承すべき「景観重要建造物」と「景観重要樹木」を選定する。さきごろ建造物、樹木の候補の募集を開始した。

 景観重要建造物・樹木は地域のシンボルとして良好な景観や地域の象徴となる。道内では東川町の郷土館、美瑛町のセブンスターの木など4市町が計17の建造物、樹木を指定している。

 市の募集方針によると、景観重要建造物は「建物の特徴が地域の自然・風土と調和している」「市の歴史や文化を象徴している」。景観重要樹木は「特徴のある形などで地域のシンボルとなっている」「樹齢や希少性から保存すべきと感じられる」などの要件がある。

 公共施設か民間施設かは問わず、北海道遺産や市の指定文化財、保存樹木との重複も可。ただし国指定史跡の「ところ遺跡の森」は対象外となる。

 締め切りを設けずに随時応募を受け付け、市景観審議会の審査などを経て決定の運びとなる。指定されると、現状変更や維持管理に一定の規制や指導・命令が可能となる。

 詳細は市のホームページに掲載。問い合わせは市都市計画課(0157・25・1152)へ。   (柏)