人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

がんばれ日本&フィジー

tweet
2019/06/24掲載(網走市/スポーツ)

顔出し看板でエールを

9月に開幕するラグビーワールドカップ(W杯)日本大会に出場し、網走市で事前合宿する日本代表とフィジー代表チームにエールを送る顔出し看板が、同市内の道の駅「流氷街道網走」に設置された。看板を作成した網走市ラグビー協会の大林晃会長は「日本、フィジー代表に網走からのエールを届けたい」と張り切っている。

9月、ラグビーW杯開幕に向け 道の駅「流氷街道網走」に設置

顔出し看板は縦1.3メートル、横2.4メートル。ラグビーの試合の1シーンをイメージし、「網走からエールを」「がんばれ日本&フィジー」などとの文字が書かれている。

 デザインの考案から看板の制作まですべてを、同協会員と市民有志の3人が手がけた。制作費が限られているため、段ボールや廃材などを利用して完成させた。

 看板の設置について相談を受けた、道の駅「流氷街道網走」を管理する市港湾課と同市観光協会は快諾。同協会の考えを踏まえ、7月25日まで設置することにした。

 大林会長は「道の駅を訪れた観光客や市民に日本で開催されるラグビーW杯が近づいていること、また網走市が日本代表とフィジー代表のキャンプ地であることなどを伝えられたら」と話し、今後もあるゆる形でPR活動を展開するという。(大)